« 目からウロコが…A氏の教え | トップページ | 腱鞘炎!? »

2004年2月25日 (水)

ヴィラの魅惑

 ノエル・ホーザとヴァジーコの名曲『ヴィラの魅惑(Feitico Da Vila)』に、はまっている。音楽評論家の田中勝則氏によると、この曲はノエル・ホーザの地元リオのヴィラ・イザベルを讃えた内容で、歌詞がノエル・ホーザ、メロディーをヴァジーコが担当したとのこと(私はノエル・ホーザの作曲だと思っていた)。

 以前から、いつかは弾いてみたいと思っていた曲なのだが(特に冒頭8小節のメロディーに惹かれる)、なぜかコード進行さえもチェックしたことがなかった。そんな折り、ヴィオロニスタの阿部浩二氏(前出A氏)が奏でたナンバーのひとつがFeitico Da Vilaだったのだ。

 名手が弾くと名曲の魅力がさらに引き立つ。そんなわけで、3日前からFeitico Da Vilaに取り組んでいるが、ようやくいい感じに仕上がってきた。参考にしたのはゼ・パウロ・ベッケルの演奏だ。キーはA。開放弦が使いやすいように、このキーにしたのだと思うが、通常(インストの場合)、この曲は何のキーで演奏されるのだろうか(管楽器が入ると♭系で演る場合が多いと思われる)。また、サビのコード進行も様々なヴァリエーションがあるようだが、ゼ・パウロ・ベッケルは基本的に下記のように弾いている。

 || Bm | Bm(+7) | Bm7 | Bm6 |
 | Bm7(-5)| E7 | Amaj7 | Fdim |
 | F#m |G#m7(11) G7(-5)| F#m |D#m7(11) D7(-5)|
 |C#m7 C7 |B7(sus4) B7 | E7 E7/F#| E7/G# E7 ||

 私は『ヴィラの魅惑』に魅惑されっぱなし。いやー、ホントにいい曲だなー。

 

|

« 目からウロコが…A氏の教え | トップページ | 腱鞘炎!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヴィラの魅惑:

« 目からウロコが…A氏の教え | トップページ | 腱鞘炎!? »