« ジェット機のサンバ | トップページ | 「エストレリータ」~「ブラジル民謡組曲」 »

2004年2月 6日 (金)

p&i ピッキング

今日は「カルカッシ 25の練習曲-17番-」の1回目のレッスンがあった。p(親指)とi(人差し指)でオクターブを奏でるメロディーで始まる曲だ。

厳寒のこの時期、ウォーミングアップなしで弾くのはかなりつらい。案の定、途中で何度も止まったり、間違えたりと、ボロボロのできだった。家で練習したときはもっと弾けたのに…(レッスンでは毎度のことだが)。

この練習曲のポイントは「p&i」のピッキングだと思う。指先だけを動かして弾くのではなく、手首を支点にして手全体を上下に動かして、ピッキングする感覚だ。例えるなら、フラットピックで弾くときのイメージだ。

今後、「i&m」に加えて「p&i」によるスケール練習をする必要がありそうだ。

|

« ジェット機のサンバ | トップページ | 「エストレリータ」~「ブラジル民謡組曲」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: p&i ピッキング:

« ジェット機のサンバ | トップページ | 「エストレリータ」~「ブラジル民謡組曲」 »