« 2003年9月 | トップページ | 2003年11月 »

2003年10月26日 (日)

譜面を読む



クラシックギターのレッスンに通い始めて1年あまり経つ。ブラジルに行ったりして中断していた期間があったので、実際にレッスンに通ったのは25回程度。レッスン当初はあまりにも未熟な技術を痛感させられるばかりだったが、近頃は技術もさることながら“譜面を読む”ことの難しさを痛切に感じている。

私は譜面に弱いので、もちろん初見はきかない。左手の運指と右手のピッキングを確認しながら、1小節ずつ両手と耳にフレーズを覚えさせていくのだが、『カルカッシ 25の練習曲』の場合、1曲覚えるのに2、3日はかかってしまう。苦労して、なんとか弾けるようになったとしても、それだけではただ音符を弾いているだけで、曲になっていないことが多い。

例えばカルカッシの13番は、トレモロが多用されている曲だが、これらのトレモロは単なる装飾音であり、親指で弾く音をメロディーとして浮き立たせ、さらに人差し指で弾く3度上の音もくっきりと印象付けなければいけない(…ということを前回のレッスンで師匠に指摘された)。

私は右手の各指を均等の力で弾いていたので、当然、アルペジオの中にメロディーが埋もれてしまうし、トレモロばかりが強調されてしまうことになる。譜面が読めなかったのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年10月 3日 (金)

本日はレッスンでございます

 クラシックギターのレッスンは月4回、基本的に金曜日の午前10時半から受けている(1時間)。月謝は7千円なり。本日はカルカッシ『25の練習曲』第11番の初稽古。キーがDmのこの曲は、メランコリックな2声の旋律に特徴がある。左手のフィンガリングと右手のピッキングがけっこう複雑で、しかもDとAの開放弦が頻繁に登場し、ミュートに気を使わなければならないので、譜面を追うのが精一杯。スムーズに曲が流れず、音楽にならない。師匠からは、2つの声部を対照的に“歌う”ために、フィンガリングとピッキングに工夫が必要だ、と言われる。また、読譜の誤りを1箇所指摘される。さらにセーハでメロディーを弾くとき、アルペジオにならないように、と注意される。

 このあと、今月14日に開かれる「ブルーメ コンサート」で弾くペルナンブーコの『鐘のひびき』とジョビンの『イパネマの娘』をデュオで練習する。ヘッドアレンジで細部まで煮詰めていく。毎度ながら、師匠の切れの良いフレーズには脱帽。本番では足を引っ張らないようにしなければ、と決意を新たにする。レッスン室を後にしたとき、時計は12時40分をまわっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年9月 | トップページ | 2003年11月 »