« チューニングはプレイよりも難しい!? | トップページ | ある日の練習メニュー »

2003年9月19日 (金)

「集中」と「脱力」

 ギターを弾くときに心掛けていることは「集中」と「脱力」だ。精神をプレイに没頭させ、肉体は可能な限りリラックスさせる。付け加えれば、稽古では何のための練習なのかを明確にし、目的意識を持つことが大切だと考えている。

 では、「集中」するためにはどうすればいいのだろう? イメージ・トレーニングや自己暗示が大切だと考えているのだが、実際はなかなかむずかしい。今後の課題だ。

 一方、「脱力」するためにはギターの構え方、姿勢が重要だと思う。私はクラシックギターを習い始めてから、ギターの構え方が大きく変わった。クラシック系ギタリストの多くは、左足を足台にのせ、ギターを構える(ポピュラー系ギタリストの多くは、足台を用いず右足にギターをのせる)。レッスン当初は大いに戸惑ったが、慣れるにしたがって、クラシックの構え方が理にかなっていると思えるようになった。ギターのヘッドが自分の頭の位置まで高くなるので、左手の押弦が実にスムーズなのだ。とはいうものの、足台を使う姿勢は腰をひねることになるので、けっして楽な構え方ではない(長時間弾いていると疲労を感じることもある)。

 そんなわけで、現在、私が愛用しているのはギターサポート(AGS-10)。足台を使わないでベストなポジションにギターをセットできるすぐれものだ。吸盤で装着するので取り扱いが楽だし、ギターを傷つける心配もない。折り畳めるので、持ち運びもできる。いや、ホントに便利ですよ…って、最後はAGS-10のPRになってしまった。

足台なしでも最適なポジションAria AGS-10(ギターサポート) ★お薦め商品!!

|

« チューニングはプレイよりも難しい!? | トップページ | ある日の練習メニュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「集中」と「脱力」:

« チューニングはプレイよりも難しい!? | トップページ | ある日の練習メニュー »